寒菊ブルワリー×しまなみブルワリー:「ライジングピルスナー」を樽で飲んでみました~

ビアナビ(コンパクトロゴ)

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、千葉県は山武市にある『Kankiku Brewery(寒菊ブルワリー)』さんと、広島県は尾道市にある『Shimanami Brewery(しまなみブルワリー)』さんとのコラボビール「Rising Pilsner(ライジングピルスナー)」を樽(ドラフト)で飲みましたのでご紹介したいと思います。以前、鬼伝説さんとの『ONI99』がかなり好みだっただけに、新規ブルワリーのしまなみさんですしこのビールも期待してしまいます✨。さて、どんな感じでしょうか😊

『寒菊ブルワリー×しまなみブルワリー』Rising Pilsner(ライジングピルスナー) 詳細

ビール名:Rising Pilsner(ライジングピルスナー)
ブルワリー名:寒菊ブルワリー×しまなみブルワリー
ビアスタイル:ホッピーピルスナー
アルコール度数:5.0%
IBU:???
facebook:Kankiku Brewery(寒菊ブルワリー)
facebook:Shimanami Brewery(しまなみブルワリー)

こちらが「Rising Pilsner(ライジングピルスナー)」のビール画像になります。

寒菊ブルワリー×しまなみブルワリー(ライジングピルスナー)_01

「Rising Pilsner(ライジングピルスナー)」飲み応えレビュー

見た目は、クリアーできれいな黄金色
香りは、やや麦っぽさと柑橘っぽさの間という感じ
飲み口は、ホップの苦味は控えめで持続性は一瞬舌先にジワっとくるがスッと消える感じかな。また求めてる甘さはあり。そして香りとは逆で麦さは消えてしまって、優しくもしっかり主張された柑橘っぽいホップフレーバーと味わい。飲み後には甘さがあれど、温度上昇でややエグみっぽさも感じるホップの苦みがUP。ボディはライトでスッキリな感じと飲み応えはあるが、やや苦く感じてしまい残念ながらビアっぷるの好みには至りませんでした💦

寒菊さん“らしさ”はあれど…

この「Rising Pilsner(ライジングピルスナー)」ですが、何も知らずに飲ませていただいたピルスナーでしたが、よもやのしまなみさんコラボビールという事で偶然でしたがラッキー✨。そんな今回のビールは、ホップがネルソンソーヴィンとエルドラドの2種類かな?。その他原材料はわかりませんが、寒菊さんの定番ピルスナーをベースにして醸造されたホッピーピルスナーの様ですね。今回コラボという事だが、どうも寒菊さんらしさは感じるものの“しまなみさんらしさ”を感じれなかったと思ったのはビアっぷるだけだろうか?。…造りのベースはきれいにできてるのはこの2ブルワリーさんから考えれば当然くらいに思ってましたが、ベースに寒菊さんの定番ピルスナーという時点でそっち寄りになってしまのは致し方ないか😅。因みに感じ方は人それぞれですが、しまなみさんのビールは“奥深い飲みやすさ”を感じる。今回はスッキリライトでも、欲しい求める甘さはあれど温度上昇するにつれホップの苦みも主張。はい、ビアっぷるが求める“奥深い飲みやすさ”とは違い好みとは違う方向だった。また、ホッピーピルスナーだけにホップの苦みも求める方には好まれると思えるのも本音。是非、興味&タイミングがある方は、寒菊さん定番ピルスナーと今回のビールを飲み比べると面白いかもしれませんよ~

はい、という事で今回は、広島県は尾道市にある『Shimanami Brewery(しまなみブルワリー)』さんとのコラボビール「Rising Pilsner(ライジングピルスナー)」をご紹介しました。ホップの苦みがやや主張されたピルスナー🍺。皆さんも機会があれば是非飲んでみて下さいね~

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『ブログランキング』にも参加していますのでクリックして応援して頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷる国産クラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:海外ビールに比べ歴史は浅くとも、国内のクラフトビールを中心に応援して約10年。“人の舌は十人十色”や“飲んでみないとわからない”を基本に、クラフトビールを飲ませて頂きマニアックな内容や独自の感想(レビュー)を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビアスタイル(種類・味)がある事に興味を持てる様ご紹介できればと思っています。因みに自身の舌で感じた事を他人のレビューと比べてみるのも面白さと思っています。この様なブログですが、良ければ是非参考にして頂けると幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

  1. 反射炉ビヤ(ロゴ)_03NEW
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、静岡県伊豆の国市にある『反射炉ビヤ…
  2. クラフトビールと交野の地酒フェス2024(ロゴ)_01new
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は大阪のビアイベントのご紹介です。大阪…
  3. インクホーンブルーイング(ロゴ)_01NEW
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、東京都は豊島区目白にある『Inkh…
ページ上部へ戻る