【京都】京都ヌードブルワリー:「夕靄(ゆうもや)」を樽で飲んでみました~

京都ヌードブルワリー(ロゴ)_02new

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、京都府は京都市にある『Kyoto Nude Brewery(京都ヌードブルワリー)』さんより「YUMOYA(夕靄)」を樽(ドラフト)で飲みましたのでご紹介したいと思います。前回は初飲み『NOKAZE(野風)』のホッピーラガーで今回は待望のヘイジーIPAで楽しみです✨。また、勝手ながら前回の“Nude Beer(ヌードビール)”さん表記から変更させて頂いておりますのでご了承下さいませ。さて、ビールの方はどんな感じでしょうか😊

京都ヌードブルワリー(夕靄)_イメージ01

『Kyoto Nude Brewery(京都ヌードブルワリー)』YUMOYA(夕靄) 詳細

ビール名:YUMOYA(夕靄)
ブルワリー:Kyoto Nude Brewery(京都ヌードブルワリー)/Nude beer(ヌードビア)
ビアスタイル:ヘイジーIPA
アルコール度数:6.0%
IBU:7
URL:Kyoto Nude Brewery(京都ヌードブルワリー)
facebook:Kyoto Nude Brewery(京都ヌードブルワリー)

コチラがその「YUMOYA(夕靄)」のビール画像です。

京都ヌードブルワリー(夕靄)_01

「YUMOYA(夕靄)」飲み応えレビュー

見た目は、濁りのある明るめオレンジ寄りな黄色
香りは、爽やかな柑橘オレンジっぽさ
飲み口は、ホップの苦味は控えめで持続性としてはちょい舌中で残るかな。また求めてる甘さより加糖っぽさあり。そしてアロマ同様、オレンジっぽさが主となる柑橘の優しいフレーバーと程良いジューシーさも相う爽やかな味わい。飲み後には絶妙な甘さ加減で、温度上昇からホップの苦みはややUPだがやや濁りも落ち味わいが垂れてきたかな。ボディはミディアム寄りのライトで、温度が低い際は非常に飲みやすく飲み応えもあり。意外と言っては失礼だが、ヘイジーにはあまり感じない“ドリンカビリティさ”にかなり近いと思わせた好みな方のビールでした✨

温度変化で状態の差が…

コチラの「YUMOYA(夕靄)」ですが、ホップがネルソンソーヴィンCGXにカシメア、カスケードにシトラとシトラクライオの計5種類。モルトはペールエールやクリスタルメープル等など4種類。酵母はヴァーダントを使用し、その他原材料にはラクトースを使い醸造されたヘイジーIPA。感想ですが、“温度低めなMサイズを推奨したいが、その際は全体的バランスが整いドリンカビリティさにかなり近い程よいジューシーさと甘さを兼ね備えたビール”という印象でした🍺。反面、温度が上がるにつれ“濁りの落ちる速度が早い“+“味わいが垂れてきた”のは…造りだろうがそこは勿体ない😅。何せ温度が低い際には、もう1杯飲ませて頂きたいと思わせる程の“ドリンカビリティ”に近い良さを感じたのは本音。開栓初日+口開けに近いタイミングだったのもありるかもしれないが、濁りと味の垂れ具合から2杯目…3杯目…撃ち抜き頃には?と未知な部分は感じたが確認はしていないので悪しからずです。一応、感じ方は人それぞれだが、ビアっぷる自身ヘイジーIPAで“ドリンカビリティ”という言葉はないと思っている。過去ガンギさんの昨年11月バッチ『Swoony(スウーニィ)』でさえも“ドリンカビリティ”とまでは表現にならなかった。そのくらい感じないに等しいのだが…温度が低い際のみそれ同等の飲みやすさは感じれた事は好ポイント✨。定番ビールの様ですし次バッチがまた飲めるはず。その際は、開栓初日から撃ち抜きまで温度が上がっても状態が変わらず提供できる造りのビールになってると嬉しいなぁ~と、勝手な願望を思う余計なお世話のビアっぷるでした。

はい、という事で今回は、京都府は京都市にある『Kyoto Nude Brewery(京都ヌードブルワリー)』さんより「YUMOYA(夕靄)」をご紹介しました。温度が低い際が推奨も、温度変化で状態が変わると感じたヘイジーIPA🍺。皆さんも機会があれば是非飲んでみてくださいね~

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『ブログランキング』にも参加していますのでクリックして応援して頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷる国産クラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:海外ビールに比べ日本のクラフトビール歴史は浅いが国内のクラフトビールを中心に応援して約10年。性格的に醸造には丸っきり興味はないが、“好みは人それぞれ・人の舌は十人十色”を基本に飲み手として独自の感想(レビュー)を書かせて頂いてます。1人でも多くの方が国内のクラフトビールも海外と負けてないんだ、そして色々なビアスタイル(種類・味わい)がある事に興味を持って頂ける様ご紹介できればと思っています。長きに渡り毎日欠かさず投稿していますので、良ければ是非参考にして頂けると幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

  1. ジョウゾビアベース(ロゴ)_01new
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、徳島県は阿南市にある『JouZo …
  2. 寒菊ブルワリー(ロゴ)_01NEW
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、千葉県は山武市にある『Kankik…
  3. シュレッドビールカンパニー(ロゴ)_01new
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、海外ビールとなりますがこのブログで…
ページ上部へ戻る