『みちのく福島路ビール×IBREW』の限定コラボビール「キープグロウイングIPA(桃ver.)」を樽で飲みました~

みちのく福島路ビール(ロゴ)

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は先日の秩父麦酒さんとのコラボビール『侍熊(さむらいくま)』に続き、 
ビアバーIBREWさんとコラボビールとなる限定醸造の「キープグロウイングIPA(桃ver.)」を樽で飲みましたのでご紹介したいと思います。このビールは福島県の『福島路ビール』さんとのコラボビール。桃を使ってるとの事で、どんな仕上がりになってるか気になるところであります^^

ビール名:キープグロウイングIPA(桃ver.)
ブルワリー:みちのく福島路ビール(みちのくふくしまじびーる)×IBREW
ビアスタイル:ピーチIPA
アルコール度数:6.5%
IBU:???
URL:みちのく福島路ビール
facebook:みちのく福島路ビール

コチラがその「キープグロウイングIPA(桃ver.)」のビール画像です。

福島路ビール×IBREW(キープグロウイング桃ver.)

見た目ですがまさに桃の濁りって感じで一瞬ニューイングランドIPA!?とも思いました。
香りは、超絶桃!って感じの爽やかな桃の香りがあり期待大。
飲み口は、開口一番で飲み口も桃!なのに香りで期待させてしまったのが誤算か、桃の甘さが予想以上に消されておりホップの苦みが前面に出てきてしまってる感じ。香りで超期待させてしまってる“桃”がいただけに、使用した桃は『香りとジューシー感だけ?』と思わせ、甘さがない桃と思ってしまう桃ビール。桃らしさの甘さがない桃なのかもしれないが、桃由来の甘さがあればビアっぷるの好みだったろうが残念でした^^;

はい、この「キープグロウイングIPA(桃ver.)」はどうやらIBREW新橋店さんとのコラボビールなのかな?パインver.やその他色々とありそうですがビアっぷるはこのコラボビールは初飲み。ビアスタイルはピーチIPAという事でIPAの方も合わせて推してるのだろうがパインver.はどんな感じだったのだろうか?こればかりは自身で飲まないとわからないのだが桃ver.は惜しかった…(^^;)

そういえば、『みちのく福島路ビール』さんのビールってビアっぷるはあまり飲んだ事がない。けやきビール祭りやブリュワーズカップ等で、

・ピルスナー
・黄金桃のリッチエール

の2種類は1度キリだが飲んだ記憶はあるのだが、うる覚えでピルスナーは苦みが強かった印象。黄金桃のリッチエールは桃感はあったが当時は水っぽかった印象だった以降は飲む機会がほぼなかった。今回久しぶりに飲んでみたが桃感がここまで出てたのはビックリしたがスッキリ苦味のある桃ビールという感じで、甘さがないのが狙いだったらビアっぷるには響かないが大人の桃ビールって感じかもしれませんね。また近い内に『みちのく福島路ビール』さんのビールを飲める機会があれば飲んでみようと思います(´▽`)

そして、つくづく思う事だがやはりビアっぷる的には桃を使ったビールといえば…1強の箕面ビールさんで、『桃ヴァイツェン』の存在を揺るがす桃ビールは未だに出てこないですね(^^;)

はい、という事で今回は『みちのく福島路ビール×IBREW』さんの限定コラボビール「キープグロウイングIPA(桃ver.)」を紹介しました。コラボビールなだけに残ってるかどうかはわかりませんがもし飲める機会があれば是非飲んでみて下さいね~

最後に『ビアナビ』には他にも最新のビール情報やイベント情報、ブルワリー情報など紹介してますので宜しければ他にも見て下さいね~

今回はここまで。それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『人気ブログランキング』にてクリック→サイト名(ビアナビ)をポチッと押してもらえると、“応援クリック”になりますのでご協力頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷるクラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事と嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく紹介していきたいと思いますので、よかったら参考にしてくださいませ~( ´∀`)

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る