【大阪】MINOH BEER(箕面ビール):「つっぱりおさるIPA」を樽で飲んでみました~

箕面ビール(ロゴ2)

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、大阪は箕面市にある『MINOH BEER(箕面ビール)』さんから、「つっぱりおさるIPA」を樽で飲みましたのでご紹介したいと思います。ええ、『おさるIPA』でさえ滅多に飲まないビールとこのブログでご紹介し、以前に比べ断然好みだった事から調子に乗って!?今度はそのおさるIPAの進化バージョンという事で、“つっぱり”が付きビール名からも気になり飲んでみる事にしました^^;

『MINOH BEER(箕面ビール)』つっぱりおさるIPA 詳細

ビール名:つっぱりおさるIPA
ビアスタイル:IPA
ブルワリー:箕面ビール
アルコール度数:6.0%
IBU:47
URL:MINOH BEER(箕面ビール)
facebook:MINOH BEER(箕面ビール)

コチラがその「つっぱりおさるIPA」のビール画像です。

箕面ビール(つっぱりおさるIPA)

「つっぱりおさるIPA」飲み応えレビュー

見た目は、うす濁りのある黄色とオレンジな感じかな。
香りは、ホップって感じで華やかさは伝わるが…苦そう^^;
飲み口は、ホップの苦味は喉奥でジワジワ持続して残るのだがヘイジーらしさを感じる口当たりのまろやかさが、ビアっぷる的に好みではあった。また求めてる甘さはなく、ホップのフレーバーが華やかで柑橘系やフルーティーさの感じもありながら、しっかり余韻として残る。更にビールバランスもさすが絶妙でビール自体が素晴らしい。ボディはライトで飲みやすくヘイジー的な感じも良かったが、いかんせんこれはさすがにホップの苦味が強く…残念ながら好みではありませんでした^^;

この「つっぱりおさるIPA」ですが、

箕面ビール(つっぱりおさるIPA)_ポップ01

ホップの種類まではさがせど見つけきれませんでしたが、アメリカンホップを5種類を大量に使い準定番ビールの『おさるIPA』がパワーアップされたという事でヘイジーなボディーにフルーツ感じるのが特徴な限定醸造ビールだそうです。ビアスタイルはIPAなのかな?ヘイジーに感じるのだが、ビアスタイルがどこを探しても見つけきれない…ので、IPAにしておきますwww。しかし、フルーツを使わずともフルーツ感がしっかり出てるのと、口に入れた瞬間の“まろやかさ”は特に印象的。さすがですね、箕面さん。

ボトルは数量限定販売で少量だそうですよ!

あ、それから後で知ったことだがボトルの方で出荷量がかなり少ないとの噂を聞きました。とあるサイト様では、ボトルが数量限定販売との記載がありますし…となると、樽の方は更に数が少ないはずと想定しているビアっぷるですが実際はどうなのかな?まぁ、ビアっぷる的にボトルはともかく樽で飲めたのがかなりラッキーだったかもしれない…と、今思い始めましたくらいですが、箕面ビールファンでIPA好きの方ならこれはかなり好みなビールになると思います。ビアっぷるはホップよりはモルト派ですので好みとまではいきませんでしたが、このビールを飲めた事は、大変感謝感謝でございます。また、こういう限定なビールが飲めるといいなぁ~( ´∀`)

はい、という事で今回は、大阪は箕面市にある『MINOH BEER(箕面ビール)』さんから「つっぱりおさるIPA」をご紹介しました。ひょっとしたら飲める機会が少ないかもしれませんが、見つけたら是非飲んでみてくださいね!

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『人気ブログランキング』にてクリック→サイト名(ビアナビ)をポチッと押してもらえると、“応援クリック”になりますのでご協力頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷるクラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事と嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく紹介していきたいと思いますので、よかったら参考にしてくださいませ~( ´∀`)

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る