和歌山県Voyager Brewing(ボイジャーブルーイング)の限定醸造「E-IPA」を樽で飲みました~

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

はい、以前にもこのブログでご紹介しましたが、
ビアっぷるが今飲みたい3大ブルワリーの1つ、
待望だったボイジャーブルーイングさんのクラフトビールを、
偶然樽で飲めましたのでご紹介したいと思います。

ビール名:E-IPA(イングリッシュIPA)
ブルワリー:Voyager Brewing(ボイジャーブルーイング)
スタイル:IPA
アルコール度数:6.6%
IBU:47

ビールはこんな感じです。

香りはホップ感が少なくフローラルを感じる香りで好み。
はい、気になる飲み口ですが良い意味で「これIPA!?」と思ったが、
ホップの苦味が少なく?いや麦芽の甘味で掻き消されてるのか、
スッキリでこんなに飲みやすいのにはびっくり…
ノースアイランドや志賀のIPAを好む方には苦みが物足りないかもですが、
正直、ビアっぷるが苦手なイングリッシュスタイルでも、
このイングリッシュスタイルなら飲める。
そしてIPAをも忘れさせる超好みのビールでした^^

ボイジャーさんは和歌山県の紀州熊野の命水を使用し、
醸造しておりますが、徐々に関東近郊に樽が出てきてるな…という印象。
苦手なイングリッシュスタイルとは言いながらも、
この世の中には飲めるビールがあるんだなと改めて感じたビール。

やはり前々から予想してた通り、
『麦をしっかり強調したストレートなビールで勝負したい』
という意思が、きっちりビアっぷるに合いました^^;

一時はボトルを買おうかかなり迷ってはいましたが、
やはり飲めるなら最初は樽と思ってますので、
飲まずに樽を待った甲斐があった。

因みに、

ビール名:GOLD
ブルワリー:Voyager Brewing(ボイジャーブルーイング)
スタイル:ゴールデンエール
アルコール度数:5.5%
IBU:22.7

好みと思ってたゴールデンエールも繋がってましたので
飲んでみましたが、こちらはIBUがIPAより低いのにも関わらず、
ビアっぷるには強い苦みを感じ苦手なゴールデンエールでした。
はい、不思議な舌を持つビアっぷるですので悪しからず^^;

待望の、ボイジャーブルーイングさんのビールが飲めました。
今は飲めるビアバーも少なく限られてそうですが、
元ナギサビールさんで醸造してたという事もあり、
ビアっぷるの中ではかなり完成形のマイクロブルワリーさん。
徐々に増えてきてもおかしくないブルワリーさんと思ってます。
今後のビールが楽しみです

皆さんも機会があればボトルではなく、樽で飲んでみてくださいね。
今回は、ここまで。

それでは、また~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『人気ブログランキング』にてクリック→サイト名(ビアナビ)をポチッと押してもらえると、“応援クリック”になりますのでご協力頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷるクラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事と嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく紹介していきたいと思いますので、よかったら参考にしてくださいませ~( ´∀`)

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る