West Coast Brewing × Tokyo Aleworks:「NOT SO HAZY(ノット ソー ヘイジー)」を樽で飲みました~

ビアナビ(コンパクトロゴ)

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、静岡県は静岡市にある『West Coast Brewing(ウエストコーストブルーイング)』さんと、東京は板橋区にある『Tokyo Aleworks(トーキョー エールワークス)』さんとの限定コラボビール、「NOT SO HAZY(ノット ソー ヘイジー)」を樽で飲みましたのでご紹介したいと思います。ウエストコーストさんから久しぶりのニューリリースと思いきや、まさかのTokyo Aleworksさんとのコラボビールの様でした。とはいえ、ビアスタイルはジューシーダブルIPAとの事で飲みたいに決まってますwww。

West Coast Brewing×Tokyo Aleworks(NOT SO HAZY)_02

ビール名:NOT SO HAZY(ノット ソー ヘイジー)
ブルワリー名:West Coast Brewing × Tokyo Aleworks
ビアスタイル:Juicy Double IPA
アルコール度数:8.0%
IBU:???
facebook:West Coast Brewing(ウエストコーストブルーイング)
facebook:Tokyo Aleworks(トーキョー エールワークス)

コチラがその「NOT SO HAZY(ノット ソー ヘイジー)」のビール画像です。

West Coast Brewing×Tokyo Aleworks(NOT SO HAZY)

見た目は、濁り全開のオレンジ色で期待大!!。
香りは、ヘイジー全開で珍しくアルコール感を感じるかな。
飲み口は、ホップの苦味がほとんど感じないかな。また、“甘さ”の部分で求めてる甘さも感じるのだが、加糖された部分もありそうな甘さは気の所為かな?。ボディはヘヴィー寄りのミディアムでビール自体のコクもしっかりありながらバランスもさすが。アルコール度数8.0%も感じるが大人な甘さの部分が際立ち直ぐにかき消されるほど飲みやすい。ビアっぷるには断然好みなビールでした^^;

この「NOT SO HAZY(ノット ソー ヘイジー)」ですが、ホップは…やはりわからずじまい。また今回はTokyo Aleworksさんとのコラボという事で“クリアー×ヘイジーのクロスオーバーに挑戦!”という事でしたが、ビール説明には“計画倒れ”という言葉があるのでクリアーにはならなかった!?。という事でいいのかな?www。ええ、ビアっぷるにはにごにごのオレンジ色感が好みなので且つこの加糖されたかどうかわからない甘さが加糖されてない甘さであれば更に凄いと思ってしまうビールですし、味が好みであればそれこそ文句なし(^_^;)。が、職人さんはやはり自身で造りたいビールを造る事が“技糖でもありますので、これはこれで経験という事で次回再度TRYしてクリアー×ヘイジーが出てくるのを楽しみにしたいところです!

因みに過去Tokyo Aleworksさんのビールをブルーパブで飲んでますが…あまり好みではなかったのを思い出した。が、次回はエールワークスさんの方でコラボビールを醸造される旨もfacebookにあるのでこれはこれで楽しみ。ただ、ヘイジーはこれはこれで良かったがやはりビアっぷる的には、元祖でDDHver.ではない『スーパーサンライズ』が好みですね!

そして毎度恒例のフライヤータイムです。

West Coast Brewing×Tokyo Aleworks(NOT SO HAZY)_flyer01

今回は、ウエストコーストさんとトーキョーエールワークスさんのホップさんが2人がいますね。バックにはお互いのロゴもしっかりあるので、コラボビールを表してるという感じでわかりやすい。全体的な画のバランスや圧迫感がありそうでないこの感じがビアっぷるは好みな感じでした( ´∀`)。

はい、という事で今回は静岡県は静岡市にある『West Coast Brewing(ウエストコーストブルーイング)』さんと、東京は板橋区にある『Tokyo Aleworks(トーキョー エールワークス)』さんとの限定コラボビール、「NOT SO HAZY(ノット ソー ヘイジー)」をご紹介しました。限定コラボビールですし、皆さんも機会があれば是非飲んでみてくださいね!

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『人気ブログランキング』にてクリック→サイト名(ビアナビ)をポチッと押してもらえると、“応援クリック”になりますのでご協力頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷるクラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事と嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく紹介していきたいと思いますので、よかったら参考にしてくださいませ~( ´∀`)

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る