【山梨】UCHU BREWING:「宇宙SENSEI(うちゅうせんせい)」を樽で飲みました~

うちゅうブルーイング(ロゴ)_01NEW

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、山梨県は北杜市にある大人気の『UCHU BREWING(うちゅうブルーイング)』さんから、「宇宙SENSEI(うちゅうせんせい)」をボトルで飲んだのでご紹介したいと思います。今やかなり貴重な“樽”での飲みとなり、昨年このビール🍺を飲んでますが覚えてなかった…思い出す意味も含めて味わってみたいと思います😋

うちゅうブルーイング(宇宙ENSEI/2020)_イメージ01

『UCHU BREWING(うちゅうブルーイング)』宇宙SENSEI(うちゅうせんせい) 詳細

ビール名:宇宙SENSEI(うちゅうせんせい)
ブルワリー名:UCHU BREWING(うちゅうブルーイング)
ビアスタイル:オーツIPA
アルコール度数:6.0%
IBU:???
URL:UCHU BREWING(うちゅうブルーイング)
facebook:UCHU BREWING(うちゅうブルーイング)

コチラがその「宇宙SENSEI(うちゅうせんせい)」のビール画像です。

うちゅうブルーイング(宇宙ENSEI/2020)_01

「宇宙SENSEI(うちゅうせんせい)」飲み応えレビュー

見た目は、相変わらずのニゴニゴで暗めの黄色という感じですね
香りは、ヘイジーさからホップ感がかなり立ってる印象
飲み口は、ホップの苦味はかなりかなり控えめで持続性もそこまでないかな。また、求めてる甘さはない。そしてトロピカルな感じにホップフレーバーを強めに感じつつさっぱり。ボディはミディアムで後味にはミルキーさもあったが、意外にもやや水っぽい感じて飲み応えがどうも物足りない。残念ながらビアっぷるの好みではありませんでした😅

ネルソンソーヴィンからアイダホ7へ…

この「宇宙SENSEI(うちゅうせんせい)」ですが、ホップはシトラとカシミア、アイダホ7の3種を使用してる様ですね。昨年飲んだのはシトラとカシミアまで一緒だがネルソンソーヴィンの様ですね。また原材料にはラクトースを使用して醸造されたヘイジーIPAですね。って、ビア仲間が“ビアスタイルはオーツIPAだよ”という事を言ってましたが…、うちゅうさん語で造られた新ビアスタイルかな!?✨。

“らしさ”が気になった…

今回改めて感じたのはヘイジーにも色々とあるのは重々承知だが、先日ボトルで飲んだVOLTEX(ボルテックス)の方が大人な甘さもありうちゅうさん“らしさ”を感じるのだが…ただ敢えて甘さを控えめにしてるのかもしれないし、大人気のブルワリーさんだけにこの感じを好む方もうちゅうさんファンもかなり多いという事でしょうね。人の舌は十人十色ですし、今や牙城が崩れないと思うほどファンを掴んでいるブルワリーさん。クラフトビールの認知度もうちゅうさんのおかげで上がってるところもかなりあるはず。今後も勝手ながら応援させて頂きたく思うビアっぷるです😃

はい、という事で今回は、山梨県は北杜市にある大人気の『UCHU BREWING(うちゅうブルーイング)』さんから、「宇宙SENSEI(うちゅうせんせい)」をご紹介しました。中々飲める環境は少ないですが、うちゅうさんのビールを飲んだ事がない方は是非1度飲んでみてもらいたいですね! 

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『人気ブログランキング』にてクリック→サイト名(ビアナビ)をポチッと押してもらえると、“応援クリック”になりますのでご協力頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷる国産クラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事とまだまだ嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想(レビュー)を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく、またマニアックな内容もあるかと思いますが紹介していけたらと思います。良ければ是非参考にして頂けると幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る