【北海道】のぼりべつ地ビール鬼伝説:「NEW福は内IPA」を樽で飲んでみました~

のぼりべつ地ビール鬼伝説(ロゴ1)_NEW2

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、北海道は登別市にある『のぼりべつ地ビール 鬼伝説』さんから「NEW福は内IPA」を樽で飲みましたのでご紹介したいと思います。鬼伝説さんの毎年恒例の“節分ビール”ですが、理由は敢えて控えさせて頂きビアっぷるは過去一度も飲んだ事がない…はず💦。。今回はせっかく機会があったので、全3種類?の内気になったビアスタイル2種類飲みましたので、先ずはヘイジーIPAの方を✨

のぼりべつ地ビール鬼伝説(NEW福は内IPA)_イメージ01

『のぼりべつ地ビール 鬼伝説』NEW福は内IPA 詳細

ビール名:NEW福は内IPA
ブルワリー:のぼりべつ地ビール 鬼伝説
スタイル:ヘイジーIPA
アルコール度数:6.5%
IBU:45
URL:わかさいも本舗
facebook:わかさいも本舗(鬼伝説)

こちらがその「NEW福は内IPA」のビール画像です。

のぼりべつ地ビール鬼伝説(NEW福は内IPA)_01

NEW福は内IPA」飲み応えレビュー

見た目は、ニゴニゴの鮮やかな黄色とオレンジのコントラスト
香りは、フルーティーさとヘイジーさが華やかも気になる何かが…
飲み口は、ホップの苦味は舌奥で明らかに残り、持続性も高い方でした。そして求めてる甘さはない。また、ジューシーさとフルーティーさを感じながら、サブロであろう主張がかなり厳しく、飲み後のピリピリ感も気になった。また、ほとんど感じなかった甘さとヘイジーにしては苦味が強めという印象を持ち、ボディはミディアムで口当たりが滑らかと思いつつも、スイスイ飲めるが飲み応えが足りなく感じた。残念ながらビアっぷるの好みではありませんでした💦

ホップが8種類も使用!?

この「NEW福は内IPA」ですが、ホップはサブロとシトラをメインに使った上にギャラクシー、テイラス、アマリロ、シムコー、ストラータ、モザイクの8種類も使用し、醸造されたヘイジーIPAとの事。また、ジューシーでフルーティーさは感じられたが、好みの「NEW月鬼IPA(げっき)」とは相反して、IBU45でも中々のホップの苦さに甘さがほぼないのがビアっぷるの好みとは真反対でパイントがキツかった。またあの独特な舌でのピリピリ感はヘイジーならではか?気になる要素でした。多分、甘さを求めていないホップがやや強めの苦味が主張されたヘイジーを好む方には最適かと思いました👀。

節分ビールは全3種類

この“節分🍺”ですが、その他に第二弾の『鬼は外IPA』と第三弾の『登別醸造 銀鬼セゾン』があり計3種。ビアップルは第二弾のIPAは3種類のイースト(アメリカン・ロンドンエールⅢ・ノースウエスト)をブレンドして醸造された様で興味を持ったが、ホップは苦手なモザイク…という事で飲んでみないとわからないと思いつつも、さすがに回避💦。で、第三弾セゾンを飲みましてこれは後日ご紹介できればと思います。この節分🍺にご興味がある方は、是非鬼伝説さんの

のぼりべつ地ビール鬼伝説(節分ビールセット)_ボトルイメージ01

オンラインショップ』で3種類がセットになった“節分限定セット”を購入してみてはいかがでしょうか?期間限定の全国送料一律でステッカー付きだそうですよ!※売り切れてたらごめんなさい😅

はい、という事で今回は、北海道は登別市にある『のぼりべつ地ビール 鬼伝説』さんの、「NEW福は内IPA」をご紹介しました。このブログを挙げる頃には節分が終わってる気はしますが、皆さんももし飲める機会があれば是非飲んでみてくださいね~

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『ブログランキング』にも参加していますのでクリックして応援して頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる国産クラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:海外に比べ歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事とまだまだ嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想(レビュー)を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく、またマニアックな内容もあるかと思いますが紹介していけたらと思います。良ければ是非参考にして頂けると幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 南横浜ビール研究所(ロゴ)_01new
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 はい、今回は神奈川県横浜市にある『南横浜ビ…
  2. ウエストコーストブルーイング(ロゴ1)_NEW
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、静岡県は静岡市にある『West C…
  3. パシフィックブリューイング(パーミット)_ロゴ01
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、このブログで初登場となります。神奈…
ページ上部へ戻る