【静岡】反射炉ビヤ:「伊豆メロンシェイク」をボトルで飲んでみました~

反射炉ビヤ(ロゴ)_01NEW

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、静岡県伊豆の国市にある『反射炉ビヤ(はんしゃろびや)』さんから「伊豆メロンシェイク」をボトルで飲みましたのでご紹介したいと思います。前回の『とれたてGreen Tea Ale』でお茶感が弱めでしたが今回はメロンを使った🍈🍺。メロンがどこまで表現できてるかが一番気になるところです😄

反射炉ビヤ(伊豆メロンシェイク)_イメージ01

『反射炉ビヤ(はんしゃろびや)』伊豆メロンシェイク 詳細

ビール名:伊豆メロンシェイク
ブルワリー:反射炉ビヤ(はんしゃろびや)
ビアスタイル:ヘイジーIPA
アルコール度数:6.0%
IBU:???
URL:反射炉ビヤ(はんしゃろびや)
facebook:反射炉ビヤ(はんしゃろびや)

こちらがその「伊豆メロンシェイク」のビール画像です。

反射炉ビヤ(伊豆メロンシェイク)_ボトル01
反射炉ビヤ(伊豆メロンシェイク)_ボトル02

伊豆メロンシェイク」 飲み応えレビュー

見た目は濁り、そしてメロンの果肉を思わせる明るめなオレンジ黄色
香りは、ホップの柑橘さを感じるがメロンが…
飲み口は、ホップの苦味は程よくあり持続性は舌奥でやや残るという感じでしょうか。また求めてる甘さはない。そして柑橘さのホップフレーバーに少しジューシーなヘイジー感が残るが肝心なメロンは?…。甘さはなくホップの苦味がジワジワ残りながら、脳に捜索願いを出すもメロンがやっぱり感じられない…あ、飲み後に微かにメロンっぽさ!?を感じるが極めて意識しての事。ボディはライトで円やかな感じもありヘイジー感は良いだけに、残念ながらメロンがおらずビアっぷるの好みではありませんでした💦

🍈が…ヘイジーの存在感はあり

この「伊豆メロンシェイク」ですが、ホップはシトラにシムコー、アマリロにモザイクを使い最後にヒュールメロンの計5種類使われてます。また原材料には伊豆の国市で栽培されたというアールスメロンをふんだんに使い、ラクトースを加え醸造されたヘイジーIPAですね。率直にヘイジーIPAとしてなら良かった。が、メロンを使ったヘイジーとなればメロンも期待したくなる。残念ながらその“メロン感がほぼ感じれなかった”😵。それでも公式サイトの【造りのこだわり】にて、『メロンジュースを思わせるべく円やかさも強調されたビール』に加え、ホップにヒュールメロンまで使われそれだけメロンを意識し醸造されたビールのはずだが…醸造仕立てはしっかり感じれてたこそのコメントでしょうか。ただ、大変申し訳ないが…飲ませて頂いたボトルでは肝心なメロンさんがヘイジーさでほぼ掻き消されてる言葉が適切かな。円やかさや滑らかさは感じれヘイジーさは好みな方でしたが、カケガワさんの『メロックスエール2020』の様にアロマからフレーバーに味までも全てに於いてメロンを感れじれる程には及ばず💧。ビール名にメロンやマンゴー、桃等が付いてるとどうしても気持ちはそちらに吸い寄せられてしまうだけにより敏感になる反面、そのフルーツをしっかり出す醸造って難しいですね…次バッチ、若しくは2022年に再度醸造された際にはヘイジーの方は好みだっただけに、メロンがより多く強調できてると期待して飲んでみたいと思ったビアっぷるでした😄

はい、という事で今回は静岡県伊豆の国市にある『反射炉ビヤ(はんしゃろびや)』さんから、「伊豆メロンシェイク」をご紹介しました。ヘイジーIPAをしっかり感じれる🍺。皆さんも興味があれば是非飲んでみてくださいね~ 

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『ブログランキング』にも参加していますのでクリックして応援して頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる国産クラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:海外に比べ歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事とまだまだ嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想(レビュー)を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく、またマニアックな内容もあるかと思いますが紹介していけたらと思います。良ければ是非参考にして頂けると幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る