【北海道】忽布古丹醸造:「ラブモザイケデリコ」を樽で飲んでみました~

忽布古丹醸造(ロゴ)_03new

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、北海道は富良野にある『Hop Kotan Brewing(忽布古丹醸造)』さんから「Love Mosaichedelico(ラブモザイケデリコ)」を樽で飲んだのでご紹介したいと思います。前回の『現現現世(げんげんげんせい)』には目が見開く様な程好印象のブリュットIPAでしたが、今回はジューシーペールエールとの事。さて、どんな感じでしょうか😄

忽布古丹醸造×鬼伝説(トップイメージ)_003new

『Hop Kotan Brewing(忽布古丹醸造)』Love Mosaichedelico(ラブモザイケデリコ) 詳細

ビール名:Love Mosaichedelico(ラブモザイケデリコ)
ブルワリー名:Hop Kotan Brewing(忽布古丹醸造)
ビアタイル:ジューシーペールエール
アルコール度数:6.0%
IBU:15
URL:Hop Kotan Brewing(忽布古丹醸造)
facebook:Hop Kotan Brewing(忽布古丹醸造)

コチラが「Love Mosaichedelico(ラブモザイケデリコ)」のビール画像です。

忽布古丹醸造(ラブモザイケデリコ)_01

「Love Mosaichedelico(ラブモザイケデリコ)」飲み応えレビュー

見た目は、薄濁の明るめな黄色という感じでしょうか
香りは、ダンクさ炸裂な程のホップ感
飲み口は、ホップの苦味は控えめで持続性もそこまで感じないかな。また求めてる甘さはない。そしてちょい柑橘さはあるが…やはりダンクでちょいグラッシーにも感じるホップフレーバーで、ジューシーさと口当りの滑らかさもかなり弱めな印象。飲み後には甘さがなく、苦味は温度上昇と共にジワジワ感じる。ボディはライトで飲み応えは物足りず、ダンク+ちょいグラッシーが…残念ながらビアっぷるの好みではありませんでした💦

同じモザイクホップでもこうも違いが…

この「Love Mosaichedelico(ラブモザイケデリコ)」ですが、ホップはシングルホップだがモザイクとモザイクのクライオを使用。その他原材料には、オーツ麦を使い醸造されたジューシーペールエールとの事。前回のブリュットが衝撃だっただけに、他のビールも…と思った一発目がモザイクのシングルホップだったのは偶然です😅。好みでふと思い出したのが、インクホーンさんの『Kingfisher(キングフィッシャー)』。同様モザイクのシングルでクライオも使われてるのだが…ダンクさやグラッシーさが良い意味で消えて好みでしたが、それに対して正に真逆に出たと思ったビール😵。もちろん人の好みではあるがモルトや酵母、そして技術や設備により味は異なっていくのは百も承知でもここまで変わるかぁ…という印象。まぁ、飲めてこそわかる事も多々あるだけに、できる限り先入観を持たずに今後も様々なビールを飲む様に心掛けたいと改めて心に決めたビアっぷるでした😅。

はい、という事で今回は、北海道は富良野にある『Hop Kotan Brewing(忽布古丹醸造)』さんから「Love Mosaichedelico(ラブモザイケデリコ)」をご紹介しました。モザイクホップ全開のジューシーペールエール🍺。皆さんも機会があれば是非飲んでみて下さいね~

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『ブログランキング』にも参加していますのでクリックして応援して頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷる国産クラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:海外に比べ歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事とまだまだ嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想(レビュー)を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく、またマニアックな内容もあるかと思いますが紹介していけたらと思います。良ければ是非参考にして頂けると幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る