【新潟】ガンギブリューイング:「ミートミー#2」を樽で飲みました~

ガンギブリューイング(ロゴ)_01new

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、新潟県は上越市にある『Gangi Brewing(ガンギブリューイング)』さんより「Meet Me#2(ミートミー)」を樽(ドラフト)で飲みましたのでご紹介したいと思います。前回は『Swoony(スウーニィ)』でしたが、今回はシングルホップシリーズのビールという事すが、どんな感じになってるでしょうか😊

『Gangi Brewing(ガンギブリューイング)』Meet Me#2(ミートミー) 詳細

ガンギブリューイング(ミートミー#2)_イメージ01

ビール名:Meet Me#2(ミートミー)
ブルワリー名:Gangi Brewing(ガンギブリューイング)
ビアスタイル:シングルホップペールエール
アルコール度数:5.0%
IBU:20
URL:Gangi Brewing(ガンギブリューイング) なし
facebook:Gangi Brewing(ガンギブリューイング)

こちらが「Meet Me#2(ミートミー)」のビール画像になります。

ガンギブリューイング(ミートミー#2)_01

「Meet Me#2(ミートミー)」飲み応えレビュー

見た目は、濁りよりくすみのある明るめな黄色寄り山吹色
香りは、柑橘さ…ちょいミントっぽさ?も感じる爽やかな感じ
飲み口は、ホップの苦味は控えめで持続性はそこまでなし。また求めてる甘さ微あり。そして控えめな柑橘っぽさとややフラワリーにも感じるフレーバーと味わい。微かに爽やかさのあるシトラスっぽさのミントさが後追い。飲み後には甘さが微で温度上昇から苦みはちょいUP。ボディはライトで飲みやすく飲み応えややあり。ビール自体のベースさは好みな方だが、残念ながらビアっぷるの好みには至りませんでした。

“ミントっぽさ”は新鮮な気持ちへ

この「Meet Me#2(ミートミー)」ですが、“シングルホップシリーズ”としてリリースされてるビールの様です。因みにファーストもタラスでセカンドもタラスを使用と珍しいパターン。それだけブルワーさんのファーストの印象が自身の理想とは違ったのかもしれないし、“ただ造る”より“拘って造る”方を俄然応援したくなるビアっぷるです😅。さて、ホップは先に述べたタラスのみ。モルトはゴールデンプロミスとカラピルスにウィートの3種類を使用し醸造されたシングルホップペールエール🍺。感じたのは、味わいがふわ~っという感じでホップさが弱く“シングルホップだからこそもっともっとホップさを強調して欲しい”というのが本音と思った。ガンギさんの初飲みだった『Space Out(スペースアウト)』ではピンとコなかったが、前回の『Swoony(スウーニィ)』の全体的にきれな造りをされてる印象だけにもっとホップさを強調される事でよりこのシリーズの良さが出るのでは!?と余計なお世話。ただ、ビアっぷるにとって新発見もあり、“タラス=ミントっぽさ”も場合により感じる✨。過去、マルカさんの『Hazy Mint(ヘイジーミント)』ではシングルホップではないがタラスを使用+リアルミントだけに、感じて当然。対して今回はタラスのみでミントなしは過去感じた事がなく、いやはやクラフトビールって不思議で奥が深いな!と改めて実感。ええ、次リリースはどのホップか気になるしこのシリーズはまた運がよく飲めたらいいなぁ~と勝手に思っているビアっぷるでした😊

はい、という事で今回は、新潟県は上越市にある『Gangi Brewing(ガンギブリューイング)』さんから「Meet Me#2(ミートミー)」をご紹介しました。優しく控えめで爽やかシトラスミントっぽさに興味を持ったビール🍺。皆さんも機会があれば是非飲んでみてくださいね~

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『ブログランキング』にも参加していますのでクリックして応援して頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷる国産クラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:海外ビールに比べ歴史は浅くとも、国内のクラフトビールを中心に応援して約10年。“人の舌は十人十色”や“飲んでみないとわからない”を基本に、クラフトビールを飲ませて頂きマニアックな内容や独自の感想(レビュー)を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビアスタイル(種類・味)がある事に興味を持てる様ご紹介できればと思っています。因みに自身の舌で感じた事を他人のレビューと比べてみるのも面白さと思っています。この様なブログですが、良ければ是非参考にして頂けると幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

  1. 反射炉ビヤ(ロゴ)_03NEW
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、静岡県伊豆の国市にある『反射炉ビヤ…
  2. クラフトビールと交野の地酒フェス2024(ロゴ)_01new
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は大阪のビアイベントのご紹介です。大阪…
  3. インクホーンブルーイング(ロゴ)_01NEW
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、東京都は豊島区目白にある『Inkh…
ページ上部へ戻る