【長野】志賀高原ビール:限定醸造の「SNOW MONKEY IPA(Fuji Rock ver. 2019)」を樽で飲んでみました~

志賀高原ビール ロゴ

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、長野県は下高井郡にある『志賀高原ビール』さんより、昨年飲んだ「SNOW MONKEY IPA 2018 Fuji Rock version」に続き、2019ver.の「SNOW MONKEY IPA(Fuji Rock ver. 2019)」を樽で飲みましたのでご紹介したいと思います。今年のフジロックフェスティバル2019で相変わらずの人気を誇ったビールですね( ´∀`)

ビール名:SNOW MONKEY IPA(Fuji Rock ver. 2019)
ブルワリー:志賀高原ビール
スタイル:ニューイングランドIPA
アルコール度数:6.0%
IBU:40
URL:志賀高原ビール
facebook:玉村本店

コチラがその「SNOW MONKEY IPA(Fuji Rock ver. 2019)」のビール画像です。

志賀高原ビールSNOW MONKEY IPA(Fuji Rock ver. 2019)

見た目は、にごにごで綺麗な濃いオレンジ色かな。
香りは、志賀高原さん“らしい”ホップの華やかな香り。
飲み口は、苦味が思ったより控えめで喉奥でもそこまで残らないかな。求めてる甘さはかなり僅かだが感じる程度ですが、ややモルティな気もするが気の所為?ジューシー!そして口当たりが柔らかいし飲みやすいし、ボディはミディアムながらドライなのがビアっぷる的には気になった。が、どちらかというとホップよりモルトを少し感じるせいか想像以上に好みな方でした^^;

えっと、この「SNOW MONKEY IPA(Fuji Rock ver. 2019)」ですが、限定醸造のSNOW MONKEY 2019を基本に、モルト量やメインホップの一つを変更した限定醸造ビールですね。柑橘系を感じつつジューシーで、飲みごたえのある味わいから思ったより苦くなかったが最後はドライに感じる。ホップをふんだんに使われ醸造されたビールですが、志賀高原IPAの苦さではなく、House IPAと似たような苦さを感じたかな?と、ビアスタイルがニューイングランドスタイルというのもあるだろうが、間違いなく飲みやすく苦味をあまり感じませんでしたよ^^;

因みに志賀高原さんのビールはどれも苦いと思ってたビアっぷるは何故か飲めるビールが増えてきた。未だに志賀高原さんのビールに関しては、まだまだド素人ながら好みで揺るがなのは『1t IPA Habanero』ですね!ビアっぷるの舌には凄く相性の良いビールでした。志賀高原ビールさんは層の厚いブルワリーさんですね~( ´∀`)

はい、という事で今回は長野県は下高井郡にある『志賀高原ビール』さんより、
2019ver.の「SNOW MONKEY IPA(Fuji Rock ver. 2019)」をご紹介しました。
皆さんも機会があれば是非一度飲んでみてくださいね~

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『人気ブログランキング』にてクリック→サイト名(ビアナビ)をポチッと押してもらえると、“応援クリック”になりますのでご協力頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷるクラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事と嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく紹介していきたいと思いますので、よかったら参考にしてくださいませ~( ´∀`)

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る