【静岡】West Coast Brewing:「FULL HOP ALCHEMIST V5(フルホップアルケミストバージョン5)」を樽で飲みました~

WEST COAST BREWING(ウエストコーストブルーイング)

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、静岡県は静岡市にある『West Coast Brewing(ウエストコーストブルーイング)』さんの、「FULL HOP ALCHEMIST V5(フルホップアルケミストver.5)」を樽で飲みましたでご紹介したいと思います。以前に飲んだ少し前のビールですふぁこのビールはホップの種類を変更したという感じのかな?何れにせよ毎度楽しみなブルワリーさんですが、果たして今回はどんな感じでしょうか( ´∀`)

ビール名:FULL HOP ALCHEMIST V5(フルホップアルケミストバージョン5)
ブルワリー名:West Coast Brewing(ウエストコーストブリューイング)
ビアスタイル:Hazy Double IPA
アルコール度数:7.5%
IBU:???
URL:West Coast Brewing(ウエストコーストブルーイング)
facebook:West Coast Brewing(ウエストコーストブルーイング)

コチラがその「FULL HOP ALCHEMIST V2(フルホップアルケミストバージョン5)」のビール画像です。

ウエストコーストブルーイング(FULL HOP ALCHEMIST V5)

見た目は、濁りのある鮮やかなオレンジ黄色ですね。
香りは、ホップと柑橘系が出てる印象。
飲み口は、ホップの苦味が舌奥でやや持続して残る感じかな。また求めてる甘さは感じない。ボデぅはミディアム寄りのライトで飲みやすいのだが、飲み込んだあとのフレーバーには甘さを感じるが、後から苦みが追いかけてくる。ジューシーさはあるし、ビールバランスも文句なし。苦味が残る分と、甘さが足りない分残念ながらビアっぷるの好みではありませんでした(^_^;)

この「FULL HOP ALCHEMIST V5(フルホップアルケミストバージョン5)」ですが、ホップは変わるがほぼ定番ビールになりつつあるのかな?以前「FULL HOP ALCHEMIST V2(フルホップアルケミストバージョン2)」と“1”を飲み、“3”に関しても飲んだがブログに挙げきれておらず、時間が過ぎすぎて既にお蔵入りにしたという現状www。今回は“5”とのことで、ホップはサザンクロスとシトラ、サブローを使用し、柑橘系のフレーバーを感じるスムースな仕上がりになった様ですね。因みに“2”がギャラクシーとシトラホップを使用しビアっぷるの好みではありましたが、ホップが変わりアルコール度数が0.5%下がってはいるものの、苦味が強く感じるのは気の所為かな?IBUがわからないので自身の感覚でしか言えないのが申し訳ないですが、ご了承くださいませ(・_・;)

そして、恒例のフライヤータイムですね。“2”緑とピンクって感じでしたが今回は…

ウエストコーストブルーイング(FULL HOP ALCHEMIST V5)_フライヤー1

ホップさんが杖で魔法をかけてると思いますがバックが紫寄りで液体が水色という極めて厳しそうな色味。これは食べ物、飲み物としては微妙な色ではありますが、敢えて使用されたという事でしょうか^^;。今回のフライヤーはこのくらいにしておきたいと思います。

話は変わりますが、非常に興味のあった記事を先日拝見しました。『日本ビアジャーナリスト協会』さんのページにてWCBさんのヘッドブルワーさんの記事で、2019.11.28のコラムです。中でも感動したのが、
醸造設備はオートマチックではなくマニュアルにした”という部分。今やブルワリーさんが大きくなると醸造設備の大半はオートマチック(否定してる訳ではありません)になってると思いますが、このブルワリーさんを立ち上げる際に『費用や時間がかかる』という面で諦めた?部分もある様ですが、結論マニュアルにされた事で、自身のビールを醸造する際に最も必要と思われる“勘(センス)”が、今のビールの味に出てるので嬉しい誤算と思ってるのはビアっぷるだけでしょうか?ヘッドブルワーさんの過去の経験、そして今も尚上を目指す新たな情報や技術を追い求める事が、より良いビールを醸造する事に繋がると思いますし、この“勘”は言葉で聞いて真似できるものではなく、設備が変わっても“らしさ”を出せるという事こそ、ビアっぷるは“職人”さんだと思います。

まぁ、この意見に賛否両論はあると思いますが本当に記事の内容は素晴らしいと思いました。正直記事をリンクしたかったのですが、ライターさんの権利もあるでしょうから、ご興味のある方は是非ジャーナリスト協会さんのページで見てくださいね!

はい、という事で今回は、静岡県は静岡市にある『West Coast Brewing(ウエストコーストブルーイング)』さんから、「FULL HOP ALCHEMIST V5(フルホップアルケミストバージョン5)」をご紹介しました。ではでは皆さんも機会があれば、是非飲んでみてくださいね~

最後に『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベント等を紹介しています。そして毎日新たなブログをいち早くツイッターで確認できます。また、人気ブログランキングにて、クリックしてサイト名(ビアナビ)をポチッと押してもらえると、“応援クリック”になり非常に助かります!ので、良ければご協力お願いします♪♪

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷる最終的にピルスナーに落ち着いた^^;

投稿者プロフィール

ビアナビで管理人の自己紹介です。

名前:ビアっぷる
年齢:おじさん適齢期の一般人
性別:男性
クラフトビール歴:約9年
好きなビアスタイル:ピルスナー/ニューイングランドIPA
苦手なビアスタイル:ペールエール/IPA
出没地:東京を主体の関東近郊

特に国内のクラフトビールを世に広めるべく、情報を発信しながら全国各地のブルワリーを周り、日々ビアバーにて飲み歩いています。

元々、大手さんのビールが苦手でビールそのものも嫌いでした。が、クラフトビールに出会い、強烈な衝撃を受け一気にハマりました。基本的に樽生でしか好まず、缶やボトル、そして海外のビールは好みません。

ビールの趣味がやや偏ってる部分もございますが、
・飲んでみないとわからない
・舌は十人十色
は、絶対大切な事だと思っております。

このブログをきっかけに、全世界のビールファンが1人でも多くビールにも色々な種類や味があるという事と、日本国内のクラフトビールに興味を持ってもらえる様お伝えできればと思っています。因みに企業ではなく、素人のブログですので文章力はともかく内容がおかしい場合はできる限り温かく見守って頂けると嬉しいです…^^;

それでは、宜しくお願い致します!

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. アウトサイダーブルーイング ロゴ1
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 ええ、毎年恒例となってますので悪しからず。…
  2. ビアナビ(コンパクトロゴ)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、先日のPart1&牛久ブルワリーさ…
  3. 牛久ブルーイング(牛久醸造場)_ロゴ02
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、茨城県は牛久市にある『牛久ブルーイ…
  4. ビアナビ(コンパクトロゴ)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は『JAPAN BREWERS CUP…
  5. ビアナビ(コンパクトロゴ)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 はい、「JAPAN BREWERS…
ページ上部へ戻る