【千葉】SONGBIRD BEER(ソングバードビール):「Wheat(ウィート)」を樽で飲んでみました~

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

はい、今回は久しぶりの登場となりますが千葉県木更津市にある『SONGBIRD BEER(ソングバードビール)』さんから、「Wheat(ウィート)」を樽で飲んだので紹介したいと思います。2018年の夏頃に“Wheat(ウィート)”を飲んでますので再飲という形になりますね。あれから2年近く過ぎてますし、味が良い意味で変わったかも含め興味津々なビアっぷるです( ´∀`)

ビール名:Wheat(ウィート)
ブルワリー名:SONGBIRD BEER(ソングバードビール)
スタイル:ベルジャンウィート
アルコール度数:4.5%
IBU:???
URL:SONGBIRD BEER(ソングバードビール)
facebook:SONGBIRD BEER(ソングバードビール)
※定番ビールですが限定醸造カテゴリに入れます

コチラが「Wheat(ウィート)」のビール画像ですね。

ソングバード(wheat)_2019

見た目は、濁りのあるややくすんだ黄色って感じでしょうか。
香りは、ウィートらしい小麦の香りが立っていますが酸味も少し感じるかな。
飲み口は、ホップの苦味はほとんどないと言っても過言ではないかな。そして求めてる甘さも感じれなかった。また、香りとは裏腹に前回同様やはりウィート感は控えめでベルジャン感が強くコリアンダーの存在も含めそれなりに出てた印象。ボディはミディアム寄りのライトで飲みやすくも、残念ながら好みではありませんでした^^;

この「Wheat(ウィート)」ですが、ソングバードさんの定番ビールですね。ホップはわからず恐縮ですが、小麦は千葉県産を使用してるとの事です。また拘りがベルジャンスタイルとは言っても敢えてオレンジピールを使わず、コリアンダーのみで勝負してるあたりは個性的で拘りを感じれますね。ただ気になったのは、ビアっぷるが2018年に飲んだものよりアルコール度数が高くなってると思ってるのですが、4.2%→4.5%とひょっとしたら以前のを見間違えたかな?^^;

ビアっぷるのソングバードさんで好印象が残ってるのは、この「Cuvèe de Printemps(キュヴェ・ド・プランタン)」というビール。当時はビール名からバーレーワインと思ってましたが、何のそのビアスタイルはゴールデンエールというではありませんかwww。また、基本的にビアっぷるはそこまで好まないが、ベルジャンスタイルが多いブルワリーさんですね。そういえば…以前『MAKUARI BREWERY(幕張ブルワリー)』さんにお邪魔した際に、せっかくここまで来たからと寄らせて頂こうと思いましたが、電車の時間状況等もあり到着時間を加味すると予想外に時間が…以前からも現地へ!と言ってて行けずじまいは無念ですが、年内には機会があれば是非現地で飲めたらと思ってるビアっぷるでした( ´∀`)

はい、という事で今回は千葉県木更津市にある『SONGBIRD BEER(ソングバードビール)』さんから、「Wheat(ウィート)」をご紹介しました。ビアっぷるの行動範囲ではなかなか飲めないブルワリーさんですが、樽で見かけたら必ず飲んで見ようと思うブルワリーさん。皆さんも機会があれば、是非飲んでみてくださいね! 

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『人気ブログランキング』にてクリック→サイト名(ビアナビ)をポチッと押してもらえると、“応援クリック”になりますのでご協力頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷるクラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事と嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく紹介していきたいと思いますので、よかったら参考にしてくださいませ~( ´∀`)

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る