【神奈川】TDM 1874 Brewery:「ヘイズザロード2023」を樽で飲みました~

TDM 1874 Brewery(ロゴ03)_NEW

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、神奈川県は横浜市にある『TDM 1874 Brewery(ティーディーエムブルワリー)』さんから「Haze The Lord(ヘイズザロード) 2023ver.」を樽で飲みましたのでご紹介したいと思います。いやはやTDMさんのビールはかなり久しぶりで、前回が2020年の6月に飲ませて頂いた『ワンホップペール ヒュールメロン』以来💦。まら、今回は当時大人気なビールで数年振りにリリースされたNE🍺✨。以前に比べ、変化があるのか!?はたまた維持か!?気になります😊

TDM1874Brewery(イメージ03)new

『TDM 1874 Brewery(ティーディーエムブルワリー)』Haze The Lord(ヘイズザロード) 2023ver 詳細

ビール名:Haze The Lord(ヘイズザロード) 2023ver.
ブルワリー名:TDM 1874 Brewery(ティーディーエムブルワリー)
ビアスタイル:ニューイングランドIPA
アルコール度数:6.5%
IBU:17
facebook:TDM 1874 Brewery(ティーディーエムブルワリー)

コチラがその「Haze The Lord(ヘイズザロード) 2023ver.」のビール画像です。

TDM1874Brewery(ヘイズザロード2023)_01

「Haze The Lord(ヘイズザロード) 2023ver」飲み応えレビュー

見た目は、ニゴニゴのベージュオレンジな感じかな
香りはグラッシーだが華やかに感じれるホップさ
飲み口は、ホップの苦味は円やかで持続性は喉と舌先でやや残るもん許容範囲内。
また求めてる甘さよりちょい加糖っぽさあり。そしてグラッシーさからシトラスな感じのホップさ。ほのかな桃っぽさ、そしてややジューシーな感じも。飲み後には控えめな甘さと、温度上昇でホップの苦味はちょいUPと余韻のジワジワが心地よい。ボディはミディアムで飲みやすさに飲み応えもしっかり感じれ、ビールのバランスも文句なし。ビアっぷるは好みな方のビールでした✨

以前と造りがかなり違うのは気の所為!?…

この「Haze The Lord(ヘイズザロード) 2023ver.」ですが、ホップの種類及びその他原材料の記載が見つけきれずわからずで残念。また、ビアっぷるは“HAZE THE LORD(ヘイズザロード)2018”と、“HAZE THE LORD(ヘイズザロード)2019”を過去に飲ませて頂いており、当時は好みではありませんでした😅。が、全く情報を入れてなかったビアっぷる+あれから数年後に醸造された今回は良い意味でTDMさんの印象は変わった。勝手な想定だが、ブルワーさんが変わったのか?若しくは醸造技術が上がったのか?、そしてホップのあの苦味はどこへ!?と思わせる苦味の度合い。今風な造りでもあり、何よりビールベースが当時とはかなりの違いを感じビアっぷるの求めているNEな方へと変化していました✨。はい、感じ方は人それぞれなので何ともですが、何故にここまで造りが違うのかは摩訶不思議。そしてかれこれだいぶ飲ませて頂いてなかったTDMさんのビール。以前からTDMさんで好みなビールと言えばESB🍺。また機会があれば、久しぶりに樽(ドラフト)で飲みたいと思い出したビアっぷるでした😊

はい、という事で今回は神奈川県は横浜市にある『TDM 1874 Brewery(ティーディーエムブルワリー)』さんから「Haze The Lord(ヘイズザロード) 2023ver.」をご紹介しました。甘さ控えめで柑橘グラッシーさのある飲みやすいNE🍺✨。皆さんも機会があれば是非飲んでみて下さいね~

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『ブログランキング』にも参加していますのでクリックして応援して頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷる国産クラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:海外ビールに比べ歴史は浅くとも、国内のクラフトビールを中心に応援して約10年。“人の舌は十人十色”や“飲んでみないとわからない”を基本に、クラフトビールを飲ませて頂きマニアックな内容や独自の感想(レビュー)を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビアスタイル(種類・味)がある事に興味を持てる様ご紹介できればと思っています。因みに自身の舌で感じた事を他人のレビューと比べてみるのも面白さと思っています。この様なブログですが、良ければ是非参考にして頂けると幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

  1. 反射炉ビヤ(ロゴ)_03NEW
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、静岡県伊豆の国市にある『反射炉ビヤ…
  2. クラフトビールと交野の地酒フェス2024(ロゴ)_01new
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は大阪のビアイベントのご紹介です。大阪…
  3. インクホーンブルーイング(ロゴ)_01NEW
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、東京都は豊島区目白にある『Inkh…
ページ上部へ戻る