【静岡】ウエストコーストブルーイング:「FULL HOP ALCHEMIST V.8」を樽で飲みましました~

ウエストコーストブルーイング(ロゴ1)_NEW

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、静岡県は静岡市にある『West Coast Brewing(ウエストコーストブルーイング)』さんの、「FULL HOP ALCHEMIST V.8(フルホップアルケミスト V.8)」を樽で飲みましたでご紹介したいと思います。過去に何種類か飲んでおり苦味が強いイメージのあるビール。ただ、飲まず嫌いは…という気持ちもあり、せっかくなので“V.8”を飲んでみました(^_^;)。

ウエストコーストブルーイング(フルホップアルケミストV.8)_イメージ01

『ウエストコーストブルーイング』FULL HOP ALCHEMIST V.8 詳細

ビール名:FULL HOP ALCHEMIST V.8(フルホップアルケミスト V.8)
ブルワリー名:West Coast Brewing(ウエストコーストブリューイング)
ビアスタイル:Hazy Triple IPA
アルコール度数:8.0%
IBU:???
URL:West Coast Brewing(ウエストコーストブルーイング)
facebook:West Coast Brewing(ウエストコーストブルーイング)

コチラがその「FULL HOP ALCHEMIST V.8(フルホップアルケミスト V.8)」のビール画像です。

ウエストコーストブルーイング(フルホップアルケミストV.8)_01

「FULL HOP ALCHEMIST V.8」飲み応えレビュー

見た目は、濁りのある明るめなオレンジ色という感じでしょうか。
香りは、ホップの華やかさとジューシーさが炸裂。
飲み口は、ホップの苦味は想定より控えめ。また求めてる甘さもありながらジューシーさとまろやかも感じる。そして大人の甘さも感じつつパイナップルの様なフレーバーが全体に広がるのも爽やか。ボディはミディアムという感じだが、アルコール度数8.0%はどこへ!?という様な飲みやすさ。温度が上がって苦味は少し出てたが気になることもなく、好みなビールでした^^

この「FULL HOP ALCHEMIST V.8(フルホップアルケミスト V.8)」ですが、毎度レシピを変更されており、今回のホップはエルドラド、サザンクロス、そして苦手なモザイクホップの3種類でドライホッピングされた様ですね。ええ、ビアっぷるが苦手なモザイク感はほぼ感じなかった…苦手な人が苦手な物を苦手と思わせない、これが技術ってやつですね。さすがウエストコーストブルーイングさんです…そして今回は今までに比べ苦味が控えめになり、“大人の甘さ”が多めと思ったがコレが癖にもなる飲みやすさでGOOD。

過去フルホップアルケミストとの飲み比べ、

因みにこのV.8ですが、必要最低限の外出という事でビールを購入しに行った際にあったのですが、買いませんでした。というのも過去ビアっぷる4種(抜けてるのは苦いと思い敢えて飲まなかったwww)飲んでおり、

FULL HOP ALCHEMIST(フルホップアルケミスト)』×
FULL HOP ALCHEMIST V2(フルホップアルケミストバージョン2)』○
FULL HOP ALCHEMIST V5(フルホップアルケミストバージョン5)』×
FULL HOP ALCHEMIST V7(フルホップアルケミストバージョン7)』×
※○×は、ビアっぷるの舌で感じた好み基準

この通り、3/4の確率で苦手なビールだったんですよね。そして今回もドライホッピングとの事でまた苦いかも!?…という事でV.8で更に“缶”を毛嫌いしていました。が、偶然にも樽生があったのでウエストコーストブルーイングロスの期間が長かったので思いきってパイントで飲みましたがコレが大正解!。サービング直後、そして温度が上がった際の味も楽しめましたし、パイントでの楽しみ方もまたクラフトビールでの醍醐味。いやぁ、ホント絶妙な甘さでしたが、ビアっぷるが飲んだフルホップアルケミストの中では今回が一番甘いかも!?、それが特に良かったです。多分、V9は色々とあり飲めなそうですが致し方ないかな。

恒例のWEBフライヤーは…

で、毎度のことながら気になるWEBフライヤータイムですが、
今回は、

ウエストコーストブルーイング(フルホップアルケミストV.8)_フライヤー01

おおおお、水属性のマジシャンが魔法陣の上に位置取り宙に浮いてますね!、そして、渦巻が空に出てきたと思ったら…サンダラ!という感じで、呪文を使った感じでしょうか!?www。カッコいいし水色の使い方が色鮮で絶妙なバランス。またホップが宙に浮いてたり、呪文を書いたような石が浮いたりと力漲るのがわかりますね!ええ、全てビアっぷるの独断と偏見で感じたことを言ってるだけですので悪しからずですが、今回も好みなWEBフライヤーでした( ´∀`)。

静岡県は静岡市にある『West Coast Brewing(ウエストコーストブルーイング)』さんの、「FULL HOP ALCHEMIST V.8(フルホップアルケミスト V.8)」をご紹介しました。そういえば新型コロナで自粛期間にビアバーにリリースされたタイミングだったのでV.8はひょっとしたら飲めない可能性もありそうですが、もし見かけたら是非樽で飲んでみてくださいね!

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『人気ブログランキング』にてクリック→サイト名(ビアナビ)をポチッと押してもらえると、“応援クリック”になりますのでご協力頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷるクラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事と嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく紹介していきたいと思いますので、よかったら参考にしてくださいませ~( ´∀`)

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る